ウザワが建てる家の基本構造・性能

ウザワが建てる家は、販売を目的とする商品としての「家」ではありません。
ウザワがお客様と一緒に作り上げていく、「お客様のための家」です。
あなたが心から「こんな家に住みたい!」と思える家造りを実現します。

地震に強いベタ基礎工法

ウザワでは、強固なベタ基礎が標準装備です。基礎全体で建物の荷重を受けるため、荷重に偏らず安定した構造を実現します。また、全棟で第三者機関による配筋検査を実施しています。耐震性能は耐震等級3相当が標準仕様です。

ヒノキ土台

建物の構造躯体の土台周りには全てヒノキ材を使用しています。ヒノキは湿気に強く、シロアリもつきにくいという自然の特性を持っています。また、床下の換気は基礎パッキン工法により建物全周で換気を行い、湿気がたまりにくい構造を実現しています。

木造軸組工法

古来より日本で培われた工法をベースに、柱・梁・筋交い・構造金物などで構成されたシンプルな工法です。木材はすべて天然木を使用し、その頑丈な構造が住まいをしっかり守ります。

4寸角の通し柱

建物を支える上で重要な通し柱には、通常は3.5寸(10.5cm)ですが、ウザワでは標準で4寸(12cm)を使用しています。1.2倍の太さの柱が、より頑丈な構造躯体を生み出します。

剛床工法

柱、梁だけの強度だけでなく、水平面の強さも構造上重要です。28mmの剛床を1階・2階とも採用することにより、水平面の強さも確保しています。

通気工法

外壁の裏には通気層が設けてあり、壁内にこもる湿気を外に排出し、構造躯体を結露から守ります。天然木、漆喰、珪藻土など、呼吸する自然素材の性能を十分に発揮します。

バリアフリー設計

バリアフリー設計が全棟標準仕様です。移動のしやすさはもちろん、毎日のお掃除の面でも有効に機能します。暮らしの基本をバリアフリー設計が支えています。

アイシネン(吹付け断熱材)

外壁に、環境先進国カナダで開発された発泡吹付けウレタン断熱材「アイシネン」を採用。高い断熱性と機密性を長期にわたって実現し、一年を通じて気持ちの良い空間を実現するだけでなく、年間の光熱費も低く抑えられます。

ペアガラス&断熱樹脂サッシ

ガラス部分は空気層のある二重ガラス構造で、開口部からの熱気や冷気の侵入をブロックするグレードの高いガラスとサッシを標準仕様にしています。また、遮音の面でも有効に機能します。

安心の地盤耐力調査

着工前には専門業者による地盤耐力調査を実施し、建物荷重を支える地耐力の判定を全棟で実施します。この調査結果を元に10年間の地盤保証を発行します。さらにウザワでは「付保証照明」を発行しているので、地盤保証が必ず受けられます

オール電化

ウザワではオール電化対応工事が標準仕様です。エコキュート、IHコンロが標準仕様に組み込まれており、毎日使うものだから、省エネルギー性はより高く、家計への負担を軽くする暮らしを考えています