調湿機能と耐火性能、コストパフォーマンスに優れた漆喰

ウザワのこだわり、漆喰について

ウザワのこだわり自然素材。特に力を入れているのは無垢材と漆喰の使用です。漆喰を使うことで優れた調湿性能を得ることができます。

漆喰の調湿機能

漆喰は「呼吸する壁」と言われています。漆喰は、部屋の湿度が高くなると余分な水分を吸収し、逆に湿度が低くなると水分を放出するという性質を持っています。

湿度が高すぎると暑さを感じやすいですし、カビや雑菌が増殖する原因になります。逆に低すぎると乾燥し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなりますしお肌にも良くありません。

しかし、調湿効果を持った漆喰を壁に塗ることで、湿度を適度に保って快適に過ごせるようにしてくれます。

メンテナンスしやすい

漆喰はメンテナンスしやすい素材です。漆喰は時間が経過してもほとんど見た目には変化がなく、最初に施工した時の見た目を長期間キープできます。クロスのように痛んできたから張り替えをするという手間や費用をかけなくてすみます。

また、クロスのように汚れたり破れたりしたら全部を張り替えする必要はなく、すでに漆喰を塗っているところに薄く上塗りするだけで大丈夫です。

小さいお子さんがいる家庭では、壁に落書きをしたからその部分のクロスを張り替えするというようなことも起こりがちですが、漆喰の壁なら比較的簡単に元に戻すことができます。

燃えにくい

漆喰は建築基準法の不燃材として認められるほど燃えにくい素材です。

あってはならないことですが、万が一家が火事になった時にでも火の燃え広がりを抑える機能があります。万が一の時の安心感を得るためにも漆喰は役立ちます。

手間とコストはかかるが長期的に見ればお得

漆喰はビニールクロスなどと比べ、施工に手間と時間がかかります。その分最初にかかる費用は高くなります。しかし、メンテナンスがしやすいこと、長持ちをすることに加え、ビニールクロスでは得られない調湿機能を兼ね備えています。

後々のメンテナンスにかかる費用、時間や、エアコンなどでの加湿や除湿が減ることな