基本構造
性能

  • HOME
  • 基本構造・性能・保証

ウザワが建てる家の基本構造・性能

ウザワが建てる家は、販売を目的とする住宅商品としての「家」ではありません。
ウザワとあなたが一緒に作り上げていく「家」です。
ウザワはあなたが心から「こんな家に住みたい!」と思える家づくりを実現します。

ベタ基礎工法

(株)ウザワでは、強固なベタ基礎が標準装備です。

ベタ基礎とは、基礎全体で建物の荷重を受ける基礎のことで、荷重に偏らず、安定した構造を実現します。
また全棟で第三者機関による配筋検査を実施しています。

木造軸組工法

古来より日本で培われた広報をベースにしており、柱・梁・筋交い・構造金物などで構成されたシンプルな工法です。

(株)ウザワでは、構成する木材は全て天然木を使用しています。その頑丈な構造が住まい手をしっかりと守ってくれます。

通気工法

外壁の裏には通気層が設けてあり、壁内にこもる湿気を外に排出し、構造躯体を結露から守ります。

また、室内で発生した水蒸気を外に廃す津する機能も持っています。天然木や、アイシネンという吹付け断熱、羊毛断熱材などの呼吸する自然素材の性能を十分に発揮するための、頼もしい工法です。

防音・剛床工法

柱、梁だけの強度だけでなく、水平面の強さも構造上重要と考え、28mmの剛床を1階・2階とも採用しています。

これにより、水平面の高い剛床を確保しています。

2階の床は3重構造で防音性もあり、その床厚は、なんと50mm以上を標準としています。

光熱費を年間17万円安くする高断熱仕様

外壁から壁内に伝わった熱は通気層を通じて速やかに外部に排出されます。

また、高い断熱性能を誇る断熱材で家全体を覆っているので、省エネルギー性が高く35坪の建物であれば年間17万円ほどこう寝つつ費を抑えることができます。そして、一年を通して気持ちのいい空間を実現できるのです。

24時間換気システム

(株)ウザワの造る家では、外からの空気を自然給気し、室内の汚れた空気をファンによって排気します。

これにより、室内の空気はよどむことなく対流し、外気から取り入れた新鮮な空気が、室内の温度・湿度を均質化し、快適性をさらに向上させています。

フリーモジュール

部屋を広々と使って欲しいという思いから、(株)ウザワではメーターモジュールを基本としています。

ただし、必要な部屋数や状況に応じて、尺モジュールや若狭間など、最適なモジュールをご提案いたします。

バリアフリー設計

バリアフリー設計が全棟標準仕様です。

移動のしやすさはもちろん、毎日のお掃除の面でも有効に機能します。暮らしの基本をバリアフリー設計が支えています。

総ヒノキ柱(オール4寸)

高級天然木の代名詞でもある「ヒノキ」を惜しみなく使った総ヒノキ柱仕様。自然の殺菌作用を持つヒノキは、アレルギーの原因となるカビ・ダニの発生を抑えます。

まるで森林浴をしているかのような、住まい手にとって健康的で心地よい空間を作り出してくれます。

ヒノキ土台

建物の構造躯体における土台周りには全てヒノキ材を使用しています。

ヒノキは湿気に強く、シロアリもつきにくいという自然の特性を持っています。

また、床下の換気は基礎パッキン工法により建物全周で換気を行い、湿気がたまりにくい構造を実現しています。

安心の地盤耐力調査

着工前には専門業者によって地盤耐力調査を行い、建物荷重をさせる地耐力の判定を全棟で実施しています。

また、この調査結果を元に、10年間の地盤保証を発行いたします。さらに、(株)ウザワでは「付証明証」も発行しているので、地盤保証が必ず受けられます。

オール電化

(株)ウザワでは、オール電化対応工事が全棟で標準です。

エコキュート、IHコンロが標準仕様として組みこまれています。毎日使い物だから、省エネルギー性はより高く、家計への負担を軽くする暮らしを考えています。

4寸角の通し柱

建物を支える上で重要な通し柱。(株)ウザワでは通し柱の太さの標準を4寸角としています。

これは一般的な柱の太さ(3.5寸角)に比べ、1.2倍もの太さに該当します。これにより、頑丈な構造躯体を生み出します。

全室オールペアガラス&樹脂の断熱サッシを使用

ガラス部分は空気層のある二重ガラス構造で、開口部からの熱気や冷気の侵入をブロックしています。

また、ペアガラスは遮音の面でも有効に機能します。

耐震等級3

地震の揺れを吸収して大切な家の資産価値と家族の安全を守ります。

大地震の揺れを半減し、何度も耐える。

耐震等級3相当が標準仕様です。

充実の保証制度

引渡完成保証(お引き渡しまで)

引渡完成保証とは、住宅建設途中に工務店が倒産した場合などに、住宅の完成までを保証する制度です。

引渡完成保証をつけておけば完成が保証されますが、保証の仕方にも、お金での保証である「金銭保証」と、建物完成をお約束する「役務保証」とがあります。

お金で保証されたとしても、その後の工事再開の手配はお客様自身で行わなければなりません。これはかなり大変なことです。

「役務保証」であれば、工事を引き継ぐ工務店を探し、建物を完成させてお客様へお引き渡しすることが保証されます。

(株)ウザワが加入する引渡完成保証は「役務保証」です。

※引渡完成保証はオプションです

地盤保証(10年間)

(株)ウザワでは、建築用地の地盤の強度をあらかじめ測定し、補強工事の有無を判定した後に建築工事を開始します。

(株)ウザワで家を建築する全ての地盤は、地盤保険会社により保証されています。また、「付保証明書」を同時に発行しています。

これは、万が一、地盤保険会社が倒産等で地盤保証が出来なくなった場合でも、損害保険会社からの代理保証がお約束される証明書です。

「付保証明書」により、(株)ウザワで建てられた家は必ず地盤保証を受けることが出来ます。

住宅瑕疵保証(10年間)

住宅の品質確保の促進等に関する法律により、請負者が担保する瑕疵責任を保証する制度です。

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」では新築住宅の注文者の保護のために、請負者に対して「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」について10年間の瑕疵担保責任が義務づけられています。

また、請負者は瑕疵責任を履行するために「住宅瑕疵担保履行法」により保険加入または供託により視力確保措置が義務づけられています。資力確保の手段の一つが、瑕疵担保責任保険への加入なのです。

アフターメンテナンス(ずっと先まで)

(株)ウザワの優れている点として施主様からご好評いただいているのがアフターメンテナンス。

また、点検日以外でも何かあればすぐに対応できるというのが地元工務店の良さ。(株)ウザワではこのような地元密着型の工務店のフットワークを生かし、お住まいいただいてからのオーナー様の安心をサポートしています。